ポゼット薬は何故安く買えるのか

ポゼットという薬は、元々は早漏防止薬として開発されたプリリジーのジェネリック医薬品なのです。

ジェネリック医薬品、というのは正規品の特許が切れたことで別の製薬会社が同じ成分で作ることができるようになったことで売り出される後発医薬品のことなのです。

当然、成分は同じ物ですし基本的には薬の製造方法も同じものが取られています。

ただ、正規品が既に開発する際の臨床試験などを既にパスしているのでその間までにかかるコストを抑えることができるんです。
だから、売値自体もかなり抑えることができるんですね。

まず、プリリジーという正規品は1箱がおよそ14000円とかなり高額なんですね。
しかも、この薬は自由診療扱いになりますので当然ですが保険は利きません。

だから、定価で購入することしかできないわけなのですがこの早漏防止薬は何とほぼ10分の1程度の値段で1箱1600円程度で購入することができるんです。

そこまで安いなんて、欠陥があるのではないかと思う人もいるかもしれませんが成分も製造方法も同じなので安心なのです。

ただ、勿論これはジェネリック医薬品だからというわけではなく薬だから副作用もあります。
下痢や吐き気、眠気や眩暈に頭痛と言った症状が出るということも報告されています。

しかし、これはかなりごく一部の物でしかありませんので殆どの人は副作用に悩まされることなく利用しているのです。

副作用というのは、どんな薬も個人差がありますので体質に合わなかったなどが原因で起こることであってもその薬自体が粗悪なものであるわけではありません。
実際、プリリジーも正規品ではありますが体質によっては同じように副作用が出てしまう人もいますからね。

医薬品に関しては、実は安かろう悪かろうという物が通じる物ではないのです。

医薬品の値段というのは、薬の成分などは勿論ですがかかっているコストが臨床試験や開発段階での試験などにもかかってきますからね。

そして、そのコストは特許が切れた薬の後発医薬品ほど抑えることができる物となっているので、ジェネリック医薬品は自然と値段が安くなるのです。

だから、安いというの必ずしも高い物より質が悪いというわけではないと覚えておきましょう。